黒船来航
もとに戻る
黒船来航(ペリー来航)

ペリー初来航のあらまし
嘉永6年6月3日(1853年7月8日)午後、突如4隻の軍艦が浦賀沖に現れ、投錨した。
それは、日本人が初めて見た米国の艦隊で、船体は不気味に黒塗りされ、2隻の蒸気船
の煙突からはもうもうと煙を吹き上げていた。その様子を目撃した日本人は畏怖の念を
抱いて「黒船」と呼んだ。

浦賀沖に投錨したのはペリー提督率いる艦隊で、旗艦「サスケハナ」と「ミシシッピ
ー」が蒸気外輪フリゲート、「サラトガ」と「プリマス」が戦闘型帆走スループ であり、
それぞれフリゲート艦に1隻ずつ牽引されていた。そして彼らの目的は、総砲門数73の
強力な艦隊で幕府を威圧し、大統領国書を受理させ、開港を迫ることであった。

これに対して幕府は、日本の対外窓口がある長崎へ回航を求めたが、ペリーは応じず、
状況によっては艦隊を江戸に移動して徳川将軍と直接交渉に当たると威嚇した。
そこで幕府は戦争に備えて急ぎ諸大名に動員を命じ、江戸湾全域に大規模な警備体制
たを敷い上で、浦賀奉行所与力を再三艦隊に派遣、とりあえず国書を受け取ろうとした
が、国書は最高位の役人にしか渡さないと、はねつけられる始末であった。
その上、ペリー側は交渉が進まないと見ると、武装短艇を繰り出して江戸湾内の測量
を行ったり、金沢沖まで艦隊を進めるなど、幕府に圧力をかけて決断を迫ってきた。

この当時、将軍家慶は病床にあって国家重大事を決定できる状態ではなく、老中首座
・阿部正弘は「国書受領だけならやむなし」と結論、ペリーの久里浜上陸を認めた。

そして6月9日、幕臣・下曽根信敦率いる洋式部隊の警備のもと、浦賀奉行の戸田氏栄
らペリーと会見、ペリーは幕府側に開国を促す大統領フィルモアの国書と提督の信任状、
覚書などを手渡した。幕府側は将軍が病気であるとの理由から返答に1年の猶予を要請し、
ペリーも1年後に再来航すると告げた。会見は文書の受け渡しのみで、外交交渉は一切な
かったが、ペリーは翌10日ミシシッピー号に移乗し江戸湾を北上、江戸港を明瞭に望見
できる位置まで侵入し、将軍に充分な威嚇を示した。そして12日、艦隊は香港へ去った。

黒船はわずか8日間の滞在であったにもかかわらず、日本国内に大きな波紋を残した。
諸大名は開国と攘夷との二つに分かれ、幕府はそれを統一する力を失っていた。戦争が起
きるという噂が国中に広まり、物資買い占めや米価高騰を招き庶民生活を圧迫した。
図1黒船来航経緯:寛永6年(1853)6月3日〜6月12日

図2 旗艦サスケハナ(蒸気外輪フリゲート、建造1850年、排水量3885トン、乗員300人)

図3 当時の瓦版(黒船の巨大さを絵入りで解説)

図4 ペリーたちの肖像:合衆国水師提督口上書
左からヘンリー・アダムス副使、ペリー水師提督、アナン軍使


図5 黒船に対する江戸湾防備体制を描いた絵図(江戸湾御固之図:横浜市立図書館蔵)

図6 ペリーの久里浜上陸を描いた絵図、”Wilhelm Heine (1827-1855) 画:「First Landing at Gorahama」

ペリー再来航と日米通商協定締結)
幕府が開国の決断が下せず苦しんでいた嘉永7年1月16日(1854年2月13日)、何と
7隻の大艦隊を率いてペリーが来航し、江戸湾深く金沢の小柴沖に投錨した。前回来航
時の1年後という約束を無視し、わずか半年後に、しかも大艦隊で現れたのは、将軍家慶
の死去で混乱する幕府の虚をつき、一挙に目的を達成しようと目論んだからである。
7隻の艦隊には新たに最新鋭の蒸気外輪フリゲート「ポーハタン」が加わり、その後現れ
た艦船を含めて軍艦7隻、補給艦2隻、合計9隻の大艦隊が幕府を威圧した。

浦賀奉行は、前回交渉地の浦賀沖へ回航するよう要請したが、ペリーは悪天候を理由に
これを拒否し、江戸湾のより内奥部を要求した。
幕府は交渉地として江戸から離れた浦賀、鎌倉などを提案したがペリーは受け入れず、
艦隊をさらに湾内奥に進め、神奈川沖や羽田沖まで侵入した。幕府は江戸から黒船が見え
るほどの艦隊の接近に驚愕し、急遽神奈川宿の対岸、横浜村の地を提案、ペリーもこの地
に満足し艦隊を神奈川沖に移動させた。

このように、幕府は積極的な政策を見出せないまま、事態を穏便にまとめる形で日米和親
条約を締結することになり、200年余り続いた鎖国政策は終止符を打つことになった。老中
筆頭の阿部正弘は、条約締結反対派の徳川斉昭や開国派の井伊直弼らの融和を図ろうと
したが失敗に終わり、逆に安政大獄など幕府崩壊への動きを加速させる遠結果となった。

1月28日に応接地が横浜村に決定されると、日本側も、アメリカ側も、その準備や調査の
ために横浜村に上陸し活動を始めた。米側はアダムズ参謀長など約三十名のアメリカ人が
この地を調査するために上陸し、畑地や海岸の様子を検分し、奉行の立ち合いの上で、横
浜村の北端の字(あざ)駒形の地(現在の横浜市中区神奈川県庁付近)を応接地とし、確認
のための杭を打ち込んだ。
このあと日本側は、久里浜に設けられていたた設備を解体して横浜に運び、応接所を4日
間で完成させた。5棟からなるこの応接所をアメリカ側は条約館と呼んだ。

一方、外国人の上陸を知った人々の驚きは大きく、外国との戦争は横浜からだ、という噂
が流れた。それに加え、応接地決定の3日前がアメリカのワシントン記念日に当たっていた
ため、七隻の軍艦から100発以上の祝砲が撃たれた。その轟音は江戸湾にこだまし、遠く
房総の村々にまで聞こえ、事前に奉行から触書が回されていたけれども、人々に恐怖心
を与えた。

そして安政元年2月6日(1854年3月4日)、ペリーが再来航した日から21日目に横浜で
第1回の会見が行われた。日本側の全権は神奈川宿から船で到着し、アメリカ使節ペリーと
兵士500名は祝砲のとどろく中を音楽隊を先頭に上陸した。会談は前回の国書の回答から
始められ、約1ヶ月にわたる4回の会談で条約の交渉は妥結し、3月3日(3月31日)に調印
が行われた。日本側の実務担当者は、大学頭(だいがくのかみ)林復斎であった。
これが横浜で結ばれた日米和親条約であり、一般には神奈川条約ともいわれた。

その後、伊豆国下田(現静岡県下田市)の了仙寺へ交渉の場を移し、同年5月22日(6月
17日)に下田・箱館の開港など和親条約の使用細則を下田条約(全13箇条)を締結した。
なお、ペリー艦隊は同年6月1日下田を去り、帰路琉球へ立ち寄り、琉球王国とも通商条約
を締結している(琉米修好条約)。

図8 北斎の黒船(なんとまあユーモラスな迫真力!)

図7 旗艦ボーハタン(蒸気外輪フリゲート、建造1852年、排水量3825トン、乗員289人))

図9 ペリー使節団の表情(右端がペリー提督、その左がアダムス副使)

図10 当時の横浜村(干拓地はペリー上陸頃は葦の茂る入江だった)

図11 横浜村応接地一帯の見取り図(図の上側が南方向、下側が北方向)

図12 応接所から北方を見た俯瞰図(神奈川方向に9隻の艦隊が見える)

図14 日米和親条約日本語原文の一部

図13 ペリーの横浜上陸の光景:Wilhelm Heine 画「ペルリ提督神奈川上陸図」、1854年(嘉永7年)

参考文献
写真・図面引用先
図 2 旗艦サスケハナ :http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/perry/yokoreki.html 鎖国から開国への日々、フレガツト蒸気船スエスクハンナ
図 3 当時の瓦版 :http://www.minato-artnavi.jp/eventinfo?mode=view&id=130 イベント・展示会情報詳細
図 4 ペリー絵図:合衆国水師提督口上書 :https://ja.wikipedia.org/wiki/黒船来航、合衆国水師提督口上書(嘉永6年6月8日) 左よりヘンリー・アダムス副使(艦長)、ペリー水師提督、アナン軍使(司令官)
図 5 江戸湾御固之図 :http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/perry/yokoreki.html 鎖国から開国への日々〔江戸湾御固之図〕
図 6 ペリーの久里浜上陸 :http://www.geocities.jp/saitohmoto/hobby/gakki/Perry/Perry.html 黒船来航"First Landing at Gorahama" Wilhelm Heine (1827-1855) 画 1853(嘉永6)年
図 7 旗艦ポーハタ :http://jp.jnocnews.jp/news/show.aspx?id=53921 天保薪水令下の黒船来航、真田家の絵師が描いたポーハタン号:横浜市中央図書館蔵
図 8 北斎の黒船 :http://d.hatena.ne.jp/siseiryu/20110123/1295786600 大江戸の浮世絵展 -北斎
図 9 ペリー使節団の表情 :http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/perry/yokoreki.html 鎖国から開国への日々、〔米国使節の肖像〕
図10 当時の横浜村 :http://21432839.at.webry.info/201503/article_4.html (394)大山街道をホントに歩く
図11 横浜村応接地一帯の見取り :http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/perry/yokoreki.html 鎖国から開国への日々、横浜村辺之図
図12 応接所から北方を見た俯瞰 :http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/perry/yokoreki.html 鎖国から開国への日々、安政元年正二月横浜村応接
図13 ペリーの横浜上陸 :http://www.geocities.jp/saitohmoto/hobby/gakki/Perry/Perry.html 黒船来航
図14 日米和親条約日本語原文瞰 :http://www.hh.em-net.ne.jp/~harry/perry_washin.html 日米和親条約

黒船来航参考文献
https://ja.wikipedia.org/wiki/黒船来航 、(くろふねらいこう)

http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/perry/yokoreki.html 鎖国から開国への日々 嘉永7年、横浜村のできごと

http://www.ryoma-kinenkan.jp/study/qa/person/ 龍馬と河田小龍

http://blog.livedoor.jp/tetsubo8/archives/65700834.html 哲舟の呑む喰う浸かる、歴史に憩う、開港場横浜”集められた商人たち

http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=14 YOKOHAMA xy(横濱界隈)通信



もとに戻る