寺田屋お登勢
もとに戻る
もとに戻る
寺田屋お登勢(とせ)文政12年(1829)-明治10年(1877)

寺田屋は江戸初期から続く伏見の老舗船宿で、船頭も多く抱え、船足が速く、
評判の船宿であった。当時の京都では、藩邸とは別に旅籠や料亭を利用し政治
活動が展開されていて、それぞれの藩が一見さんお断りで密談や機密保持に適
した定宿を持っていた。そして、寺田屋は薩摩藩の信頼が厚い定宿であった。

お登勢は文政十二年(1829)、近江国大津で旅館を営む大本重兵衛の次女と
して生まれ、18歳で寺田屋六代目伊助に嫁ぎ、一男二女をもうけた。
しかし、伊助は生来の怠け者で京都木屋町の妾宅に入り浸って寺田屋の経営を
顧みなかったので、お登勢が代わりに寺田屋を取り仕切り、姑の面倒も見ていた。
元治元年(1864)、放蕩が祟り伊助が35歳の若さで没すると、お登勢はその
まま女将として家業を続けた。
お登勢は生来の世話好きで、頼まれたことは嫌とはいわない性格から、5人も
の捨て子を自分の子供と分け隔てなく育て上げたという。また、尊王攘夷の志士
達を多く匿い保護したので、伏見奉行所から危険人物と見なされていた。

お登勢はとりわけ坂本龍馬を初対面の時から身内のように可愛がり面倒を見た。
禁門の変(1864)で京都の半分が焼けた時、龍馬はお登勢に行く場所のない
楢崎お龍の面倒を頼み、お登勢も快く引き受け、お龍を養女として扱い、お春と
呼んで、可愛がった。その上、お龍の母に仕送りまでしていたという。
お登勢の実娘・殿井力(りき)の懐述によれば、龍馬が居るだけでお登勢は生き
生きとして匂い立つようだったといい、龍馬もお登勢を「おかあ」と呼んでいたら
しい。また龍馬が二階に居る時は、お登勢の子供達はよく遊びに上がっては、
龍馬の面白い話を聞いたという。
その一方でお登勢は豪胆なところがあり、文久2年(1862)4月、7人もの薩摩
藩士が同士討ちの乱闘で斬り殺された寺田屋騒動の際には、子供達をかまどの
後ろに隠し、自分は帳場を守りきった。事件後は薩摩藩からの見舞金もあり、即座
に畳や襖を取り替えて、営業できるように整えたという。

余談になるが、司馬遼太郎の「龍馬がゆく」には以下のような情景描写がある。
「龍馬が寺田屋に駆けつけたのは事件の翌日のことであったが、畳や天井に血糊
が生々しく残る事件現場でいつも通りのきびきびした立ち振る舞いをしているお登勢
の姿に、侠女じゃなあ!と感服した。しかし、龍馬が事件の様子を尋ねると、淡々と
説明するお登勢の目には、さすがにきらりと光るものがあった。

龍馬は寺田屋に預けてある三味線をお登勢から受け取ると、独り2階に上がって
座敷に座り込み、しばし眼下の堀川に茂る柳を眺めてから吟じ始めた。
『何をくよくよ川端柳、水の流れを見て暮らす』これは古来唄われてきた都々逸、
『何を嘆くぞ川端柳、水の出ばなを嘆くかや』を竜馬らしい死生観でアレンジしたもの
で、若くして散った薩摩藩士たちへの挽歌とされる。」

なお、龍馬が我が家のように親しんだ寺田屋は、竜馬暗殺直後の慶応4年(1868)
1月3日 勃発した鳥羽・伏見の戦いで焼失した。現存の寺田屋は明治初年、薩摩藩
西郷隆盛などの尽力によってほぼ従来の形で再建されたものである。

このように、波乱万丈の人生を生き抜いた気丈なお登勢も病魔には勝てず、明治十
年、49歳の若さでコレラに侵され亡くなった。墓は、伏見の薩摩藩菩提寺・大黒寺
の向かの松林院墓地の中にある。

龍馬は姉乙女に宛てた手紙の中で、お登勢について、“これは学問のある女、
大人物なり”と評している。また勝海舟は、“「奇女」で並の女性ではない。捕吏
(ほり)が何人あばれ込んでこようと平然としている肝っ玉の太い女”と書き残し
ている。ちなみに「奇女」とは、抜群の女性、とてつももない女性、の意。
写真1晩年のお登勢の肖像

写真2楢崎お龍の肖像

図1 伏見区南部の幕末史跡マップ:薩摩藩の菩提寺・大黒寺の向かいの松林院に登勢の墓がある.

図2寺田屋付近拡大マップ 

写真3京橋から見下ろす三十石船乗り場跡(クリックで拡大)

写真4京橋北詰めの光景:右端が京橋の欄干(クリックで拡大)


写真5寺田屋の古写真:明治期の写真?

写真6寺田屋の浜:明治期の写真?.河岸に三十石船が見える

写真7お登勢の墓がある松林院

写真8お登勢の墓

参考文献
写真・図面引用先
写真1 晩年のお登勢の肖像:http://www1.odn.ne.jp/bourbon/ryoma/ryoma.htm 坂本龍馬創世伝
写真2 楢崎お龍の肖:http://ameblo.jp/ky55/entry-10998641536.html 土佐犬と龍馬記念館
写真3 京橋から見下ろす三十石船乗り場跡:http://meiji-meisho.at.webry.info/201308/article_1.html 京都名所 伏見
写真4 京橋北詰めの光景:http://blog.goo.ne.jp/korede193/e/0b7143977a865a3023ee841fcf3a85f6 アートプラス京めぐり まち歩き伏0331  伏見 京橋 鳥羽伏見の戦
写真5 寺田屋(古写真):旧ふきのとうドットコム
写真6 明治期の寺田屋の浜:旧ふきのとうドットコム
写真7 松林院:http://blog.goo.ne.jp/korede193/e/b26ba236e3f037cdf1e76fc2eb752c2a アートプラス京めぐり 寺院伏0299  松林院
写真8 お登勢の墓:https://drunkenjohnny.muragon.com/entry/312.html 寺田屋お登勢墓(京都市伏見区本材木町676・松林院)
図 1 伏見区南部の幕末史跡マップ:Google地形マップに追記
図 2 寺田屋付近拡大マップ :Google地形マップに追記

寺田屋お登勢参考文献
https://ja.wikipedia.org/wiki/お登勢

https://ja.wikipedia.org/wiki/長宗我部元親

http://konn3563.seesaa.net/article/154609094.html 幕末偉人伝(無名の偉人たち)

http://giftstotheearth.com/?p=1500 偉業の影に女性あり?幕末の京都の寺田屋と龍馬を支えた女性

http://serai.jp/dodoitsu/4037 サライ都々逸



もとに戻る