武市半平太
もとに戻る
もとに戻る
武市半平太と土佐勤王党

半平太の生い立ち
武市半平太は、文政12年(1829)土佐国吹井村(現、高知市仁井田)の郷士・武市正恒
(白札格、51石)の長男として生まれた。白札とは郷士の最上位格であり、上士とほぼ同等
の地位とされた。なお、半平太は通称、諱は小楯(こたて)、号は瑞山(ずいざん)である。

半平太は幼い頃から剣術を学ぶが、嘉永2年(1849)父母を相次いで亡くし、残された老
祖母の扶養のため、同年末に郷士・島村源次郎の長女・富子を妻に迎えた。翌年高知城下
に転居、小野派一刀流の麻田直養(なおもと)に剣術を学び、嘉永7年(安政元年/1854)
皆伝を伝授された。時も時、嘉永6年ペリー艦隊浦賀来航、嘉永7年は神奈川上陸の年であ
り、幕末の風雲が急を告げ始めた時期である。

安政元年には大地震があり半平太は家屋を失ったが、翌年新築した自宅に妻の叔父に当た
る槍術家・島村寿之助と協同経営の道場を開いた。声望が高まっていた半平太の道場には中
岡慎太郎や岡田以蔵など多くの門弟が集まり、後の土佐勤王党の母体となった。
安政3年(1856)、江戸での剣術修行が許され、岡田以蔵や五十嵐文吉らを伴って江戸へ
出て鏡心明智流の士学館(桃井春蔵の道場)に入門、程なく皆伝を授け、塾頭となったが、
翌年老祖母の病状が悪化し土佐に帰国した。
なお、安政5年(1858)一生二人扶持の加増を受け、剣術諸事世話方を命じられている。

 土佐勤王党の結成
 安政6年(1859)、一橋慶喜の将軍継嗣擁立を運動していた土佐藩主・山内豊信(容堂)
が井伊大老に隠居・謹慎を命じられ、若干14歳の豊範が藩主とならざるを得なくなった。
幕府のこの処置に土佐藩論は激昂したが、翌安政7年(1860)井伊大老が桜田門外の変
で暗殺されるや土佐藩士達は喝采し、藩内に尊王攘夷の機運が高まった。

 文久元年(1861)、半平太は江戸で諸藩の攘夷派と交際を持っていた大石弥太郎の招請
に応じて剣術修行の名目で江戸に下り、長州藩の桂小五郎や久坂玄瑞、そのほか薩摩藩
や水戸藩の尊王攘夷派と交流した。とりわけ久坂玄瑞に心服し、久坂の師である吉田松陰
の「草莽崛起(そうもうくっき)」の思想に深く共鳴した。
  草莽崛起:身分や地位を問わず、志を持った在野の人々が一斉に立ち上がり大事を成し遂げようとすること。

 土佐藩の尊王攘夷運動の立ち遅れを痛感した半平太は、築地の土佐藩中屋敷で同志と
密かに土佐勤王党を結成し、大石弥太郎の起草により一藩勤王を旨とする盟約を定めた。
 自身の手で血盟書を土佐へ持ち帰った半平太は同志を募り、坂本龍馬や間崎哲馬・平井
収二郎・中岡慎太郎・吉村虎太郎・岡田以蔵など最終的に192人が加盟した。しかも血盟
外の同志・協力者を含めると500名を超え、土佐藩尊皇攘運動の一大勢力となった。
ただし、加盟者の大半は下士・郷士・地下浪人や庄屋で、上士は数人にとどまった。

 しかしその一方で、当時の土佐藩は幼い藩主に代わって、容堂の信任厚い参政・吉田東洋
一派が政権をにぎり、幕府の開国・公武合体の立場からの藩政改革を進めようとしていた。
これに対し、武市半平太は吉田東洋の方針に不満をもつ藩内の保守派と「東洋排除」という
共通目的を掲げることで協力関係を樹立し、藩論を尊王攘夷の方向に転換しようとした。

 しかし、半平太があくまでも「一藩勤王」の実現を主張したため、吉村虎太郎などは納得せ
ず、宮地宜蔵とともに脱藩、また藩制そのものを否定する坂本龍馬や中岡慎太郎も半平太
と決別し、新天地を求めて相次いで脱藩していった。(吉田東洋暗殺へ)
図1半平太自画像:獄中、死を予期して描いたもの(クリック拡大)

図2松陰肖像画:その草莽崛起の精神に半平太が傾倒(クリックで拡大)

表1土佐勤王党血盟書の盟約者(署名順)
武市半平太 小楯
大石弥太郎 元敬
島村衛吉 重険
間崎哲馬 則弘
門田為之助 穀
柳井健次 友政
河野万寿弥 通明
小笠原保馬 正実
坂本龍馬 直陰
岡本恒之助 俊直

写真1武市半平太旧邸(生家):高知市仁井田3021(クリックで拡大)

写真2武市半平太道場跡:高知市桜井町1丁目2−32(クリックで拡大)

吉田東洋暗殺
 武市半平太は穏当な手段での東洋排斥を保守派幹部に提言したが、家老・山内民部の
「一人東洋さえ無ければ、他の輩は一事に打ち潰すこともできよう」との言葉を暗殺の示唆
と受け取り、ついに東洋暗殺やむなしと決断した。
 文久2年(1862)4月8日、藩主豊範に「本能寺凶変」の進講をして帰宅途上にあった吉田
東洋を、武市の指示を受けた土佐勤王党の那須信吾・大石団蔵・安岡嘉助が襲撃して殺害、
その首を郊外の雁切橋に獄門にかけた上で逃亡脱藩した。
 東洋派の藩庁は激怒し土佐勤王党と一触即発の事態となったが、山内民部が土佐勤王党
に自重を促すとともに、土佐勤王党を庇護していた山内大学・山内下総(酒井勝作)と謀って
政権を掌握した。そして、半平太率いる土佐勤王党は彼らを通して実質的に藩政の主導権を
握り、藩庁の東洋派は一掃された。また、東洋の吉田家は知行召し上げとなった。

写真3吉田東洋の肖像

写真4山内容豊範の肖像:明治期の写真

写真5那須信吾
土佐藩の家老の三男、郷士・那須俊平の
娘婿.坂本龍馬に深く傾倒し、土佐勤王党に
参加.吉田東洋暗殺後脱藩、長州藩に逃亡.
天誅組の変に参加し軍監を務めるが戦死.



写真6大石団蔵
土佐藩郷士、勤王党で薩長など外交活動.
吉田東洋暗殺後、脱藩.京都で久坂玄瑞に
保護され、のち薩摩藩に所属、高見弥市と改名.
五代友厚と英国密留学.維新後は造士館教師.


図3吉田東洋暗殺地跡:追手門小学校東塀外(クリックで拡大)

写真7吉田東洋暗殺地跡:高知市追手筋2丁目1(追手前小学校東側塀沿い)

土佐勤王党と国事周旋
国事周旋:幕府体制を脱し朝廷を中心にして政治活動にまい進することで、国事維新ともいう.

吉田東洋の暗殺によって土佐藩内の開国派は沈黙、武市半平太が率いる勤王党を中心と
する尊攘派が土佐藩政治を主導することになった。
当時、政治的経済的に力をつけ始めた薩長両藩は、外様大名でありながら幕府への発言
力を増し、文久2年(1862)には相次いで藩主が入洛、朝廷からの信任を得て国事周旋の
勅命を受けるなど国内政治の中心的存在になりつつあった。

武市半平太は土佐にも同様の勅命を得るべく朝廷に働きかけ、これを受けた朝廷は、薩長
両藩に続き土佐藩を入洛させるべく山内家と姻戚関係にある三条実美を介して入洛催促の
書簡を送った。曲折はあったものの容堂も同意し、文久2年8月25日、豊範は参勤交代の
途上京都河原町の藩邸に入り、在京警備と国事周旋の勅命を受け、半平太と小南五郎右
衛門・平井収二郎・小原与一郎・谷守部ら尊攘派が他藩応接役に任じられた。

半平太は一層の周旋活動のために藩邸を離れて三条木屋町に寓居を構え、藩主・豊範の
名で自らが起草した建白書を朝廷に提出した。この建白書の内容は、政令は全て天皇から
諸大名へ直接発すべきであるなど、王政復古を主張するものであった。
同時に、長州の久坂玄瑞ら他藩の志士、三条実美や姉小路公知など朝廷内の尊攘派公卿
とも緊密に連携し、攘夷督促の勅使を江戸へ東下の実現のた奔走する。

一方、この時期京都では過激な尊王攘夷派による天誅と称する暗殺が横行し、半平太も
少なからず関与していた。半平太の下で動いた人物では、後に「人斬り」の異名を持った岡田
以蔵と薩摩藩士・田中新兵衛が有名である。
半平太が関与したとされる天誅には、越後の志士・本間精一郎の暗殺(8月)、安政の大獄
で志士を弾圧した目明し・文吉の虐殺(9月)、石部宿における幕府同心・与力4名の襲撃と
暗殺(9月)などがある。しかし、関白・近衛忠煕が半平太に対し洛中での天誅・斬奸を控え
るように命じてから後は、半平太の直接指揮による京での暗殺事件は確認されていない。

そして、10月、幕府に対する攘夷督促と御親兵設置を要求する勅使として正使・三条実美、
副使・姉小路公知が派遣されることになり、山内豊範には勅使警衛が命ぜられた。警固役に
は土佐勤王党の者が選ばれ、半平太は姉小路の雑掌となり、柳川左門の仮の名が下賜され
江戸へ随行。勅使の雑掌として江戸城に入城した際は将軍・徳川家茂にも拝謁し、幕府から
饗応を受けていけ入れ、御親兵設置については謝絶した。江戸滞在中に半平太は数回容堂に
拝謁、その感激を妻・富子に書き送っている。

12月に役目を終えて京都に戻った半平太は、入京以来の功績に報いる形で上士格留守居
組への昇進、さらに翌文久3年(1863)3月には京都留守居加役となった。土佐藩において
前例の破格の昇進であったが、半平太を勤王運動から引き離すための容堂の策謀とされる。
(土佐勤王党弾圧へ)
図4京都の維新史跡マップ(河原町二条-河原町四条)

写真8半平太京都寓居(料亭・丹虎)跡:現在は料亭・金茶寮(中京区木屋町姉小路東側上大阪町)

写真9三条実美 

写真10姉小路公知 

写真11山内容堂 

図5徳川家茂 

土佐勤王党弾圧
このように武市半平太率いる土佐勤王党は、尊皇攘夷の追い風に乗って
土佐藩内外で強い発言力を持つようになった。しかし本来佐幕派であり、
穏健な国政改革を志向する山内容堂は、過激な尊皇攘夷路線を目指す
土佐勤王党の活動への不快感を募らせていた。その矢先に起こったのが
「青蓮院(しょうれんいん・中川宮)令旨事件」である。

土佐勤王党の中心的存在だった間崎哲馬、平井収次郎、広瀬健太の
3名は、文久2年(1862)12月、尊攘派の青蓮院宮に拝謁し、1通の
令旨を受け取っていた。その内容は土佐藩に勤王を奨励するもので、
隠居の山内豊資あてに下されたものであった。
 山内 豊資(やまうち とよすけ):12代藩主で16代藩主・豊範はその11男に当たる.

文久3年(1863)1月入京した容堂は、青蓮院宮から実情を知らされ、
「僭越の沙汰である」と激怒して間崎らを罷免し土佐へ送還させた。

 さらに、文久3年4月容堂は謹慎を解かれ土佐に帰国すると事態は一変
した。容堂は、藩庁人事の交替を進める一方、吉田東洋暗殺の下手人
捜索を進めた。
土佐勤王党に同情的な大目付・小南五郎右衛門、国老・深尾鼎を解任、
大監察・平井善之丞は辞職を余儀なくされた。

この頃の半平太は薩長融和に腐心していたが、土佐勤王党をとりまく
情勢が険悪化する中、久坂玄瑞は半平太に脱藩して長州へ亡命する
よう勧めたが、半平太は諌死の決心をもって一藩勤王の素志を貫徹す
べきであると告げて帰国した。

帰国した半平太は、山田町牢屋に入れられた平井収二郎・間崎哲馬
・弘瀬健太の助命を容堂に嘆願するが、6月に死罪が確定し切腹した。
また小南五郎は士分を剥奪された。
半平太はなお望みを捨てず、容堂に謁見して藩政改革の意見書を
提出したが、容堂は半平太の意見を容れることはなかった。

写真12青蓮院宮(中川宮)

写真13青蓮院:京都市東山区粟田口

写真14半平太の嘆願もかなわず切腹となった、間崎哲馬、平井収次郎、広瀬健太の墓(クリックで拡大)

図6高知市:武市半平太旧史跡マップ 

勤王党幹部逮捕と半平太切腹
 8月、京都での会津・薩摩藩によるクーデターで長州藩が中央政界から失脚(八月の政変)、
同時期に大和国で吉村虎太郎・那須信吾ら土佐脱藩浪士を中心とする天誅組が挙兵する
が、翌月には壊滅して吉村らは討ち死(天誅組の変)。これらの政変で国内の勤王派勢力は
急速に衰退し、代わって公武合体派が主導権を握ることになった。

土佐藩内でも尊攘派の情勢が急激に悪化する中、9月21日に「京師の沙汰により」の名目
 京師の沙汰:京都の私的な寓居を拠点にした半平太の様々な活動のこと

で半平太ら土佐勤王党幹部に対する逮捕命令が出され、半平太は城下帯屋町の南会所に
投獄された。ただ、獄吏が半平太に傾倒した人物であったため、家族や在獄中の同志達と
秘密文書をのやり取りができ、長期の獄中生活での同志の団結維持が可能であった。
取調べでは、上士である半平太は結審に至るまで拷問を受けなかったものの、軽格の
同志たちは厳しく拷問された。半平太らはまだ捕らえられていない獄外同志や協力者への
連座を食い止めるため、吉田東洋暗殺事件を初めとした被疑事実を否認し続け、長い獄中
闘争を耐えた。

しかし元治元年(1864)4月、京都で無宿者の犯罪者に身を落とした岡田以蔵が幕吏に
捕えられ、土佐に送還後監察府の拷問に耐えかねて、京や大坂での天誅事件への関与や
関係者の名前を次々と自白したことで事態は悪化し、新たな逮捕者が相次いた。

元治元年6月、土佐勤王党幹部の大石弥太郎らは藩庁に対し正面から嘆願書を提出した
が、要求は受け入れられなかった。
 大石弥太郎:土佐勤王党の発起人一人だが、藩の業務にも精進していたので逮捕を免れた

同年7月、安芸郡で郷士・清岡道之助と配下・門弟併せて23名(野根山二十三士)は野根
山街道の岩佐番所に武装して屯集し、武市の解放と藩政改革を訴えた。しかし不埒な反乱
者として、藩庁から派遣された足軽800人よって鎮圧され、9月斬首により処刑された。

この頃から監察府の陣容が一新され、小笠原唯八・乾退助そして吉田東洋門下であった
大監察・後藤象二郎らが土佐勤王党の取り調べに当たるようになると尋問は更に厳しさを
増し、同志達は苛酷な拷問を受け、獄死者や発狂者も出た。
監察府の陣容一新の噂を耳にし、これまで以上の厳しい追及を覚悟した半平太は盂蘭盆
の休日を利用して三枚の獄中自画像を揮毫し、それぞれ妻と姉に送っている。

しかし酷しい取調べに対しても、武市らは暗殺を否認したため、嘘も多い以蔵の自白以外
には証拠らしい証拠がなく、藩庁は武市の罪状を明確に立証することはできなかった。
 結局、慶応元年(1865)閏5月11日、具体的な罪状は立証されないまま「君主に対する
不敬行為」という罪目で武市は切腹を命ぜられ、同日南会所大広庭にて切腹。以蔵ら自白
組四名は獄内での斬首となった。
 なお、自白組みのうち半平太の実弟・田内衛吉は服毒による自殺を図り、口を割らなかっ
た半平太の妻・富子のいとこにあたる島村衛吉は、拷問の締め木で圧死したが、これは、
監察陣がは意図的に絞め殺したと言われている。

このように、文久3年(1863)から慶応元年(1865年)に至る一連の弾圧を受け、指導者を
失った土佐勤王党は事実上壊滅した。
写真15勤王党員が投獄された山田番所・獄舎跡:山田橋南詰め(クリックで拡大)

写真16半平太が投獄された南会所跡(クリックで拡大)

写真17後藤象二郎 

写真18乾退助 

写真19吉村虎太郎の肖像
土佐藩の庄屋、尊攘思想に傾倒して土佐勤王党
に加盟.伏見義挙参加のため脱藩、寺田屋事件で
捕縛され投獄.釈放後再び脱藩天誅組を組織して
大和に挙兵するが幕府軍の攻撃に敗れて戦死.


写真20半平太と富子の墓(および肖像):高知市仁井田3021


<
写真21岡田以蔵の墓:高知市薊野北町1丁目11

参考文献
写真・図面引用先
写真1 武市半平太旧邸:http://ji5isl.exblog.jp/5769371/ 武市半平太生家
写真2 半平太道場跡:https://ja.wikipedia.org/wiki/武市瑞山
写真3 吉田東洋肖像写真:http://blogs.yahoo.co.jp/chu_chan24/63621872.html 龍馬伝 吉田東洋
写真4 山内豊範の肖像:https://ja.wikipedia.org/wiki/山内豊範
写真5 那須信吾の肖像:旧ふきのとうドットコム
写真6 大石団蔵の肖像:http://ameblo.jp/kochi-romp/entry-10589165084.html なぜ「吉田東洋・暗殺の事実」ム
写真7 吉田東洋暗殺地跡:https://www.youtube.com/watch?v=sC5TmeFz7tY 吉田東洋暗殺の場所 - YouTube
写真8 武市半平太京都寓居跡:http://blogs.yahoo.co.jp/sanjyou_kappa/16673085.html  武市瑞山寓居跡
写真9 三条実美:https://kotobank.jp/word/三条実美-18099 コトバンク > 美術人名辞典> 三条実美とは
写真10 姉小路公知:http://bakumatu.wealthyblogs.com/archives/36 幕末史の概略 | 史跡巡り
写真11 山内容堂の肖像像:https://ja.wikipedia.org/wiki/山内容堂
写真12 青蓮院宮(中川宮):http://bakumatu.wealthyblogs.com/archives/36 幕末ガイド  久邇宮朝彦親王(中川宮)
写真13 青蓮院:https://ja.wikipedia.org/wiki/青蓮院
写真14 間崎哲馬の墓:http://www.bkmt.jp/ 間崎哲馬|幕末のすべて
写真14 平井収次郎の墓:http://tosareki.gozaru.jp/tosareki/hokubu/hirai/hirai_shujirou.html 平井収二郎
写真14 広瀬健太の墓:青蓮院宮令旨事件 JI5ISL@Photo
写真15 勤王党員が投獄された山田番所・獄舎跡:http://www.ryoma-den.com/articles/find/山田町番所と獄舎跡.html 坂本龍馬人物伝 山田町番所と獄舎跡
写真16 半平太が投獄された南会所跡:http://ji5isl.exblog.jp/7368561/  武市瑞山先生殉節之地 土佐藩南会所跡
写真17 後藤象二郎肖像:旧ふきのとうドットコム
写真18 乾退助:https://ja.wikipedia.org/wiki/板垣退助
写真19 吉村虎太郎の肖像:http://bakumatsu.org/men/view/202 吉村寅太郎の写真、名言、年表
写真20 半平太と富子の墓:https://ja.wikipedia.org/wiki/武市瑞山
写真21 岡田以蔵の墓:http://blogs.yahoo.co.jp/yosshy_satoyan/33763091.html 薊野(あぞうの) 岡田以蔵が眠る場所

図 1 半平太自画像 :https://ja.wikipedia.org/wiki/武市瑞山
図 2 吉田松陰肖像画 :http://mens-full-life.com/entame/nhk-historical-drama/hana-toshi/ 美和の弟・杉敏三郎の生涯
図3吉田東洋暗殺地跡:GoogleMapから引用
図 4 半平太旧史跡マップ :http://japanserve.com/map-kouchi.html 高知の史跡マップ2
図 5 徳川家茂 :https://ja.wikipedia.org/wiki/徳川家茂
図 6 京都の維新史跡マップ :http://blogs.yahoo.co.jp/sanjyou_kappa/16673085.html 吉村寅太郎寓居跡・武市瑞山寓居跡

武市半平太と土佐勤王党参考文献
https://ja.wikipedia.org/wiki/土佐勤王党

https://ja.wikipedia.org/wiki/武市瑞山

http://electronic-journal.seesaa.net/article/165754637.html Electronic Journal: 「青蓮院令旨事件と3人の切腹」

http://www.ryoma-den.com/shiryou/kinnouto.html 坂本龍馬人物伝 土佐勤王党

http://www.junk-word.com/taiga-drama/ryouma/000164.html 武市半平太(瑞山)と土佐勤王党

http://tosareki.gozaru.jp/tosareki/tano-nahari/23shi_haka.html 土佐の歴史散歩 二十三士の墓(福田寺)

http://www.tosa-jin.com/tosa_kinnou.htm 土佐の人物伝 土佐勤王党

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-4ad7.html 「土佐勤王党始末」武市半平太と山内容堂」を読んで

http://konn3563.seesaa.net/article/138740681.html 幕末偉人伝(無名の偉人たち) 武市半平太が愛した妻・富子

http://ji5isl.exblog.jp/7368561/  武市瑞山先生殉節之地 土佐藩南会所跡



もとに戻る