河田小龍
もとに戻る
もとに戻る
河田小龍(かわだ しょうりょう)文政7年(1824)-明治31年(1898)

小龍は、土佐国高知、浦戸片町水天宮下御船方の軽格藩士、土生玉助維恒の
長男で、祖父の川田金衛門の生家河田家を継いだ。幼少のころから島本蘭渓に
画を学び、16歳のころ藩儒学者岡本寧浦の門下に入る。

弘化元年(1844)吉田東洋に従い京に遊学、京狩野家九代目の狩野永岳に
師事、嘉永元年(1848)の二条城襖絵修復の際には師とともに従事。

嘉永5年(1852)米国より帰国した中浜万次郎(ジョン万次郎)の取り調べ
を命じられた際、万次郎と自宅で起居を共にしつつ万次郎に読み書きを教え、
小龍自身も英語を学び、お互いの友情を感じるまでとなった。

小龍は、万次郎が語る異国の生活事情に大いに啓発され、鎖国日本の現状と
異国の発展ぶりとの落差に驚き、挿絵を加えた漂巽紀畧(ひょうそんきりゃく)
五巻として藩主に献上した。同書は江戸で諸大名間で評判となり、万次郎は幕府
直参として取り立てられることとなった。

嘉永五年(1852)河田小龍は公務で室戸の地を訪れたとき捕鯨を調査し、その
様子をいくつかの絵に残したが、その一つを安政2年(1855)讃岐の金刀比羅宮
に絵馬「捕鯨図」として奉納している。

黒船が来た嘉永6年(1853)江戸で剣術修行中であった龍馬は、品川沖に目撃
した蒸気船の艦隊に衝撃を受け、土佐に戻るや河田小龍を訪ね、黒船の征伐方法
を問うた。
小龍は「土佐藩の軍船などでは太刀打ちはできない。龍馬自身が将来蒸気船を
買い同志を集め「『貿易』によって異国に追いつく事が日本のとるべき道」だと
説き、「船員は町人のせがれを教育してあげる。」と約束した。

また、小龍が自邸に開いていた塾「墨雲洞」の門下には長岡謙吉、近藤長次郎、
新宮馬之助らがいて、後年亀山社中に参加、龍馬とともに明治維新を目指した。

小龍は、明治12年(1879)に隠居したが、明治22年(1889)京都府疏水事務所
の庶務付属に採用され、琵琶湖疏水工事記録画の作成に当り多くの絵図を残した。

明治27年京都居住の子・蘭太郎の元に移り、同31年(1898)没。享年75。
写真1 晩年の河田小龍

写真2 晩年のジョン万次郎

写真3 漂巽紀畧(ひょうそんきりゃく)の表紙と内容の一部

図1 河田小龍:「鯨鯢十種略図」全図

写真4 河田小龍の塾があった高知市上町3丁目付近

写真5 河田小龍の墓(京都立命館大学構内の等持院墓地にある)

参考文献
写真・図面引用先
写真1 河田小龍:旧ふきのとうドットコム
写真2 ジョン万次郎:旧ふきのとうドットコム
写真3 漂巽紀畧 表紙:http://umecchi.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=170905364&page=2 U原の土佐と高知だより
写真3 漂巽紀畧 内容の一部:http://www.wul.waseda.ac.jp/TENJI/virtual/hyoryu2/hyoryu2-2.htm 漂流 早稲田大学図書館企画展
写真4 河田小龍の塾があった辺り:http://www.u-kochi.jp/contents/index/57/ 高知の観光情報サイト「こゆび」
写真5 河田小龍の墓:http://blogs.yahoo.co.jp/takuya_o0917/41680611.html 立命館大学等持院墓地河田小龍墓(北区)

図 1 河田小龍:「鯨鯢十種略図」全図 :http://tumurojin.blogspot.jp/2012/08/blog-post_1.html 津室儿のブログ:河田小龍と室戸


河田小龍参考文献
https://ja.wikipedia.org/wiki/河田小龍治

http://www.ryoma-kinenkan.jp/study/qa/person/post-7.php 坂本龍馬記念館 龍馬と河田小龍 02-003

http://tumurojin.blogspot.jp/2012/08/blog-post_1.html 津室儿のブログ:河田小龍と室戸

http://blogs.yahoo.co.jp/takuya_o0917/41680611.html 立命館大学等持院墓地河田小龍墓


もとに戻る


-->