地図引用先:http://www.bentoushop-tokyo.com/tokyo_23words.html
東京都(23区)お弁当配達

 5. 江戸:勝海舟の海防国富論に
  大いに共鳴 (1862年 龍馬 28歳)

  文久二年春、脱藩した龍馬は下関の
 白石正次郎の庇護を受けた後、上方に
 向かい京大坂で土佐出奔者や長州藩士
 と接触する. 八月、江戸の千葉道場に
 落ち着いた龍馬は福井藩邸に松平春嶽
 を訪ね、勝海舟や横井小楠への紹介状
   
 を得る.十月末 千葉重太郎とともに
 場合によっては一刀両断の心底で海舟
 に会った龍馬は、幕藩体制などにこだ
 わらぬその開明思想に共感、その場で
 弟子入する.勝も、龍馬の器量に惚れ
 築地の海軍伝習所への出入りを自由
 とした.龍馬はここで軍艦操舵などの
 訓練に熱中する.         

   →大名屋敷と町家