薩摩藩の歴史
もとに戻る
薩摩藩の歴史

薩摩藩は、外様大名でありながら、琉球を含めた最高石高は90万石と、
加賀藩に次ぐ大藩を形成、幕末から明治維新にかけて、第11代藩主:島津
斉彬(なりあきら)の富国強兵・人材登用政策により西洋技術を積極的に
導入するとともに、西郷隆盛や大久保利通など有力政治家を輩出、第一次
世界大戦までの間、長州藩とともに有力な藩閥政治勢力を形成して、日本
国家近代化の原動力となってきた。

 戦国時代から近世まで
島津氏は、鎌倉時代初期に薩摩・大隅・日向3か国の守護に任ぜられて
以来この地方を本拠地とした戦国大名であり、天正15年(1587)に豊臣
秀吉の九州征伐の折豊臣氏に服属し、薩摩・大隅・日向一部の所領を認め
られた。
慶長5年(1600)関ヶ原の戦いで島津義弘は西軍についたが、徳川四天
王の一人井伊直政の取りなしで本領を安堵され、三男・家久が当主と認め
られ、この時点をもって正式な薩摩藩の成立とするのが通説とである。

慶長14年(1609)薩摩藩は琉球に出兵して琉球王国を服属させ(琉球
征伐)、同時に奄美群島を琉球と分離し、薩摩藩が直接支配した。

このように戦国時代から転封を経ず近世大名に移行した薩摩藩は、旧来
の支配体制を残し、多くの武士を領内に分散した外城(とじょう)と呼ば
れる拠点に居住させるなど独特の体制を維持して来た。
天明4年(1784)外城の呼称を郷と改めたが、郷士など士分階級の人口
比率が高い上、シラス台地など土地が貧しい上、台風や火山噴火など災害
多く、藩政初期から財政は禄高ほど裕福ではなかった。

さらに、徳川幕府による有力藩弱体化政策の下で、大規模な御手伝普請
を割り当てられた。特に宝暦3年(1753)木曽三川改修工事(宝暦治水)
の多大な出費で藩財政は危殆に瀕した。工事を指揮した家老平田靱負は、
多くの犠牲者と藩財政疲弊の責任を取って工事完了後に自害している。

第8代藩主・島津重豪は、閉鎖的な藩政を改革し、安永2年(1773)の
藩校造士館と演武館の設立を手始めに医学院や明時館ほか学校を設立し、
江戸幕府との結びつきを強めるため、三女の茂姫を第11代将軍・徳川家斉
に嫁がせたが、膨大な出費で藩財政は更に困窮の度を増した。

文化6年(1809年)近思録崩れというお家騒動の責任を取る形で、父・
斉宣が祖父・重豪によって強制隠居させられたため、長男の斉興が家督を
継いで第10代藩主となったが、藩政の実権は重豪に握られていた。
当時の薩摩藩の借金は500万両の巨額に達し、藩の年収額10数万両は借
金の金利に遠く及ばなかった。
 図1 鹿児島市史跡マップ

 図2 鹿児島県史跡マップ

 図3 宝暦治水概略マップ

 写真4 平田靱負(ひらた ゆきえ)像:鹿児島市平之町 平田公園

 図5 造士館

 図6 島津重豪(しまづ しげひで)

 写真15 鶴丸城古写真

 幕末から明治維新へ
天保4年(1833)重豪が89歳で大往生を遂げると、斉興はようやく藩
政の実権を握り、重豪の代から出色の家臣・調所広郷(ずしょひろさと)
を家老職に抜擢し、藩の財政・農政・軍制改革に取り組ませた。

薩摩藩の財政は500万両にも及ぶ膨大な借金を抱えて破綻寸前となって
いたが、広郷は行政改革、農政改革を始め、商人を恫喝して借金を無利子
250年分割払いとし、さらに琉球を通じて清との密貿易を行なった。

また大島・徳之島などで産出する砂糖の専売制を強化して大坂の砂糖
問屋の関与を排除するなど財政改革を行い、天保11年(1840)には金蔵
に250万両の蓄えができる程にまで財政が回復した。

一方、当時は中国でのアヘン戦争(1840-1842年)など、英仏ほかヨー
ロッパ諸国がアジア各地で植民地化を進めていた時期であり、藩主就任前
の島津斉彬は、日本の植民地化を憂慮して軍事力強化の重要性を唱え、
富国強兵、殖産興業をスローガンに藩政改革を主張していた。

しかし、藩内には資金が掛かり過ぎることが問題視する意見も根強く、
財政再建論と富国強兵論で藩論が二分される状況となって、藩主交替を
巡ってお家騒動(お由羅騒動)にまで発展した。

このお家騒動を経て嘉永4年(1851)第11代藩主に就任した島津斉彬は、
就任直後から長年温めていた集成館事業の計画に着手し、現在の鹿児島市
磯地区を中心として、アジア初の近代洋式工場群の建設を進めた。特に、
製鉄(反射炉)・造船・紡績に力を注ぎ、大砲製造から洋式帆船の建造、
武器弾薬から食品製造、ガス灯実験など幅広い事業を展開した。

また人材発掘および育成にも長け、下士階級の西郷隆盛や大久保利通
を登用するなど、幕末の薩摩藩活躍のいしずえを造った。

しかし、安政5年(1858)斉彬が急死すると集成館事業は縮小された。
第12代藩主・忠義が若年であったため、後見人となった実父・久光(斉彬
の異母弟)が薩摩藩の実権を握り、公武合体派として雄藩連合構想の実現
に向かって活動するが、文久3年(1863)の薩英戦争をきっかけに西郷隆盛
、大久保利通ら倒幕派の下級武士と彼らを支持した家老職・小松帯刀らが
藩政の実権を掌握した。その後、坂本龍馬の仲介を得て長州藩と薩長同盟
を結んで明治維新の原動力となり、明治以降の長きにわたって日本政治を
支配する薩摩閥を形成することとなる。

一方、薩英戦争においてイギリス海軍と交戦した薩摩藩は、集成館事業
の重要性を改めて認識し、集成館機械工場(現尚古集成館)、日本初の紡
績工場である鹿児島紡績所を建造するなど日本の近代化に貢献した。

 写真5 調所広郷(ずしょひろさと)像:鹿児島市天保山公園

 写真6 島津斉彬

 写真7 島津久光

 写真8 集成館事業の建築群

 図8 我国初の洋式軍艦、昇平丸(幕府に献上され明治維新まで活躍)

 図7 薩摩藩による我国初の蒸気船、雲行丸(後々の記憶に基づいた作図)

 図9 薩英戦争;薩摩砲台を攻撃する英軍艦(絵入ロンドン・ニュース)

 写真9 旧鹿児島紡績所技師館(異人館)

 写真10 旧集成館機械工場

 写真11 西郷隆盛(さいごう たかもり)

西郷隆盛:文政10年(1828)〜明治10年(1877)
薩摩藩士、軍人、政治家。通称は吉之助、号は南洲
鹿児島城下加治屋町山之口馬場で御勘定方小頭の西郷九郎
隆盛(禄47石余)の第1子として誕生。三弟は明治政府の
重鎮西郷従道、また、大山巌は従弟に当たる。
下級武士であったが、島津斉彬に抜擢され、その影響を強く
受けた。斉彬の急死で失脚、最高権力者の島津久光と折り合
わず衝突、再々流罪となるが、小松帯刀や大久保利通の後押
しで復帰、元治元年(1864)の禁門の変以降に活躍、薩長
同盟成立や王政復古に成功、戊辰戦争を巧みに主導、勝海舟
らとの降伏交渉に当たり、江戸無血開城を実現した。
薩摩へ帰郷したが、明治4年(1871)参議として新政府に
復職、陸軍大将・近衛都督を兼務し、岩倉使節団の外遊中は
留守政府を主導した。
朝鮮との国交回復問題で大久保らと対立。明治6年(1873)
の政変で江藤新平、板垣退助らと下野、鹿児島に戻り私学校
で教育に専念。佐賀の乱、萩の乱など士族の反乱が続く中、
明治10年(1877)私学校生徒の暴動を発端とした西南戦争
の指導者となるが、敗れて城山で自刃。
死後十数年を経て名誉を回復され、位階は正三位。

 写真12 大久保利通(おおくぼ としみち)

大久保 利通:文政13年(1830)〜明治11年(1878)

 ・・・・・・・執筆中・・・・・・・


 写真13 小松帯刀(こまつ たてわき)

小松帯刀:天保6年(1835)〜明治13年(1870)

 ・・・・・・・執筆中・・・・・・・


 写真14 陸奥 宗光(むつ むねみつ)

陸奥 宗光:天保15年(1844)〜明治30年(1897)

 ・・・・・・・執筆中・・・・・・・


参考文献
写真・図面引用先
写真 1 逆川洗堰跡の水神社:http://www.kasen.net/@5/kiso/031k8R/index.htm 逆川締切洗堰跡(水神社)
写真 2 大樽川締切堤跡:http://www.cbr.mlit.go.jp/kisokaryu/kisomaps/win/016/map.html 大榑川締切堤
写真 3 治水神社カ観音堂:http://blog.goo.ne.jp/satumabito/m/201206/3 こんな武士たちもいた
写真 4 平田靱負:http://satumahyakkei.seesaa.net/article/168980578.html 西郷どんの薩摩、わたしの鹿児島
写真 5 調所広郷像:https://ja.wikipedia.org/wiki/調所広郷
写真 6 島津斉彬:旧ふきのとうドットコム
写真 7 島津久光:旧ふきのとうドットコム
写真 8 集成館事業の建築群:https://ja.wikipedia.org/wiki/集成館事業
写真 9 旧鹿児島紡績所技師館:http://www.kagoshima-yokanavi.jp/data?page-id=2403 旧鹿児島紡績所技師館
写真10 旧集成館機械工場:http://www.zenkin.jp/list/旧集成館機械工場 
写真11 西郷隆盛:旧ふきのとうドットコム
写真12 大久保利通:旧ふきのとうドットコム
写真13 小松帯刀:旧ふきのとうドットコム
写真14 陸奥 宗光:旧ふきのとうドットコム
写真15 鶴丸城古写真:旧ふきのとうドットコム
図 1 鹿児島市史跡マップ:http://www.kagoshima-meijiishin150.com/map.html 明治維新と鹿児島見て歩き
図 2 鹿児島県史跡マップ:http://www.kagoshima-meijiishin150.com/map.html 明治維新と鹿児島見て歩き
図 3 宝暦治水概略マップ:http://www.finvic.com/syumi-18.html 薩摩義士、艱難辛苦の宝暦治水
図 5 造士館:http://www.shuseikan.jp/culture/culture25.html 尚古集成館 島津家が生んだ文化
図 6 島津重豪:http://blogs.yahoo.co.jp/hakusyunetto/20125096.html
図 7 雲行丸:https://ja.wikipedia.org/wiki/雲行丸
図 8 我国初の洋式軍艦、昇平丸:筑摩書房 江戸時代図誌-西海道1
図 9 薩英戦争;薩摩砲台を攻撃する英軍:筑摩書房 江戸時代図誌-西海道1

薩摩藩参考文献
https://ja.wikipedia.org/wiki/薩摩藩

http://www.shuseikan.jp/word/family28.html 尚古集成館 薩摩・島津家の歴史

https://ja.wikipedia.org/wiki/調所広郷

https://ja.wikipedia.org/wiki/集成館事業

http://www.shuseikan.jp/culture/culture25.html 尚古集成館 島津家が生んだ文化

http://underzero.net/html/tz/tz_378_1.htm 薩摩義士(宝暦治水跡)

http://d.hatena.ne.jp/supernil/20100408/1270736581 逆説のイラスト

https://ja.wikipedia.org/wiki/西郷隆盛


                    →もとに戻る