もとに戻る
 龍馬、危機一髪の脱出経路(伏見観光協会による)
慶応2(1866)年1月24日未明、薩長同盟を締結した坂本龍馬が、長州藩の三吉慎蔵と
寺田屋に潜んでいるところを伏見奉行配下の役人に取り囲まれました。  風呂場にいた
お龍が、不穏な気配を察知して2階の龍馬に危機を告げたので、龍馬はピストルで応戦。
三吉は槍を構えて戦いましたが乱闘になり、龍馬は両手首を切られてしまいます。
 負傷した龍馬を肩に掛け、裏口の物置を抜けて、隣家の戸を破り、小路に出て逃走した
三吉は途中の寺に探索者がいるのに気付き、方向転換して川端の材木小屋を見つけて密か
に忍び込み、龍馬をその小屋に置いて濠川沿いの伏見薩摩藩邸に駆け込みました。

 この事件の顛末の詳細は、「三吉」慎蔵日記」に記されており、龍馬が潜んだとされる
西浜の材木小屋は濠川の左岸南方にあったといわれています。
 藩邸へはすでにお龍が知らせていたので、藩邸の留守居役の大山彦八は、薩摩藩の旗印
を掲げた船を出して龍馬を無事救助しました。龍馬の傷は深く、静脈も傷つき、翌日まで
出血が止まらなかったと龍馬の手紙にも記されています。

 龍馬とお龍は1月29日まで伏見薩摩藩邸に滞在し、約1ヶ月後に西郷隆盛らとともに薩摩
藩の蒸気船三邦丸に乗船し鹿児島へ向かい、傷の治療をかねて霧島温泉に向かいます。
 これが、後に日本で最初の新婚旅行といわれています。
注記)三吉慎蔵:https://ja.wikipedia.org/wiki/三吉慎蔵より引用              写真上;三吉慎蔵
 長府藩士。天保2年(1831年)、長府藩の今枝流剣術師範・小坂土佐九郎の次男として生まれる。天保8年(1837年)、
田辺惣左衛門の養子となり、藩校敬業館に入学。天保10年(1839年)、諸武芸師範に入門。嘉永2年(1849年)、長州藩校明倫館に入学。
宝蔵院流槍術に長じ、安政2年(1855年)には長州藩師範・小幡源右衛門より免許皆伝を受ける。
 安政4年(1857年)、長府藩士・三吉十蔵の養子となり、藩主・毛利元周の近習扈従役として江戸に随従している。文久3年(1863年)、
下関の外国船砲撃事件により大砲鋳造掛締方・精兵隊諸事肝煎に就任。
 慶応2年(1866年)、長府藩士・印藤肇の仲介で坂本龍馬の知遇を得る。長府藩より京都の情勢を探るよう命じられ、薩長同盟を取り纏め
つつあった龍馬と共に下関を出発。伏見・寺田屋に入った。
左:龍馬達が避難した材木小屋があっt場所(赤丸地点)
 地図引用先:http://www.city.kyoto.jp/somu/rekishi/fm/ishibumi/html/hu154.html

左下:濠川風景と避難小屋記念碑
 写真引用先:
  濠川:http://ameblo.jp/kazemati-namiasi/entry-11637404592.html
  記念碑:http://www.city.kyoto.jp/somu/rekishi/fm/ishibumi/html/hu154.html
所在地:京都市伏見区過書町(大手橋西詰北側)

下:龍馬達が避難した材木小屋の古写真
 写真引用先:旧ふきのとうドットコム(←古写真サイト)
上:お龍の肖像写真
 写真引用先:https://ja.wikipedia.org/wiki/楢崎龍

 右:その時お龍が入っていた風呂
   写真引用先:寺田屋案内資料